自衛隊員に感謝 千葉で市民集会

イラク復興のために活躍する自衛隊員への感謝と期待を語り合う

「イラク派遣自衛官に感謝する市民集会」が24日、千葉県船橋市のJR津田沼駅前で始まった。

派遣された自衛官が任務を終えて帰国するまで、毎週土曜日の午後一時から開催する。

「派遣隊員の活躍を望む声、安全を願う気持ちをひとつにしたい。

空自本隊の出発を聞いて、居ても立ってもいられなくなった」。

中村実・船橋市議(36)が先週末に呼びかけ、徹夜の準備で開催実現にこぎつけた。

集会は、発言したい人が自由にマイクを握って語り合う形式。

初集会では主催者の「支援の輪を広げて自衛隊員を支えよう」の呼びかけに続いて、

二人の娘婿がともに自衛隊員という同市の女性(67)が「無事に任務を果たせるよう祈っています」。

夫(72)も自作の詩を披露した。