読売新聞(千葉版) 平成15年3月20日 焦点03統一地方選 新人

焦点 03統一地方選 新人

塾で選挙の戦い方習う

若い力の活用も政策に

 

「ビラを受け取った人が手を切るといけない。二つ折りにして渡すほうが親切だ」。15日のJR津田沼駅前。小雨の中で傘もささず、指導役の塾長(35)は、千葉市議選に新人として立候補する予定の男性(32)に声をかけた。

男性は昨年10月、選挙の戦い方を伝授する「若者政治家養成塾・千葉塾」に入塾。演説方法から公職選挙法の細部まで選挙に必要なあらゆることを学んできた。この日は、買い物客などでにぎわう駅頭での選挙演説の実習だ。

「いまの政治はおかしい。財政が厳しいのに、さらに新しいハコ物(公共施設)を作るなんて」。素朴な疑問が、男性を政治の世界に走らせた。

当選に必要とされる「地盤、看板、かばん」は当然ない。塾長も同じだったが、前回(1999年)の船橋市議選で初当選した。「議会は、市執行部の提案に何でもイエスという雰囲気だ。これに異を唱えただけで、自分は異端児扱いされた。でも議会内に我々のような人間が増えれば、政治が特殊なこととは思われなくなる」。塾長は議員1期目の4年間を振り返って言う。

 

wakayou15-03-20yomiuri

毎日新聞(京葉版) 平成15年1月7日 統一地方選の政治家養成塾

若い世代対象に「短期集中講座」

統一地方選の政治家養成塾

「若者政治家養成塾」の千葉塾長の中村実・船橋市議は6日、県庁で記者会見し、4月の統一地方選に県内の市町村から首長・議員選に出ようとしている若い世代を対象に「短期集中講座」を開催することを明らかにした。

「若者政治家養成塾」は中根一幸・元埼玉県鴻巣市議を代表に昨年10月、一都六県からの受講生41人でスタート。県内の受講生は途中から加わった一人も含め二人。中村市議は「いまからでも間に合う。千葉からものろしをあげていきたい」と話している。

 

wakayou01-07mainichi

千葉日報 平成14年9月25日 若者よ政治家を目指そう

若者よ政治家を目指そう

若手議員が「養成塾」

来年の統一選へ ノウハウを伝授 本県などで来月開校

 

1997年に当時、埼玉県鴻巣市議だった中根一幸さん(33)が養成スクールを開校。これまでに80人が受講し、19人が各地の地方選に立候補し、16人が当選した。今回はこの当選者たちが中心に首長、大学教授らが、先生となり、統一選を目指す若者に各都県で、立候補の届出のやり方から、ポスター、チラシの作り方、演説手法などのテクニックを教える。

千葉塾長はスクール出身の船橋市議、中村実さん(35)。中村さんは「いまの世の中がおかしいと思う人を政治の場に送り出したい。政治家・議員は特殊なものではない」と参加を呼びかける。費用は受験料500円と受講費5万円。

 

wakayou0108sankei