産経新聞(全国版) 平成16年1月25日 自衛隊員に感謝 千葉で市民集会

自衛隊員に感謝 千葉で市民集会

 

イラク復興のために活躍する自衛隊員への感謝と期待を語り合う「イラク派遣自衛官に感謝する市民集会」が24日、千葉県船橋市のJR津田沼駅前で始まった。派遣された自衛官が任務を終えて帰国するまで、毎週土曜日の午後一時から開催する。

「派遣隊員の活躍を望む声、安全を願う気持ちをひとつにしたい。空自本隊の出発を聞いて、居ても立ってもいられなくなった」。中村実・船橋市議(36)が先週末に呼びかけ、徹夜の準備で開催実現にこぎつけた。

集会は、発言したい人が自由にマイクを握って語り合う形式。初集会では主催者の「支援の輪を広げて自衛隊員を支えよう」の呼びかけに続いて、二人の娘婿がともに自衛隊員という同市の女性(67)が「無事に任務を果たせるよう祈っています」。夫(72)も自作の詩を披露した。

iraku160125sankei

産経新聞 平成15年8月21日 小泉の手法手腕 衆院選を前に 安全の意識

小泉の手法手腕 衆院選を前に 安全の意識

自分の身 守るのは自分

 

JR津田沼駅前。師走の寒風が吹きすさぶ中、数人がしきりに声を上げている。そこに突然男が近づいてきた。「お前らみたいな奴が戦争を起こしたんだ」。別の人はこうも言った。「北朝鮮に対する言いがかりだ」

怒鳴られていたのは、北朝鮮に拉致された被害者を救出しようと署名活動を続けていた船橋市議の中村実(35)や横田滋ら7人ほど。平成13年12月16日。人々の視線は冷たかった。

中村には攻撃が集まった。車のタイヤに釘が打たれ、ウイルスメールを送りつけられ、駅頭演説中に怒鳴られるのも日常だった。

だがその空気が変わる。昨年9月、北朝鮮拉致を公式に認めてからだ。今年三月の署名活動では数時間で約3000人も集まった。

中村の戦いは、孤独な戦いだった。したり顔で「拉致は言いがかり」と言い切った人々は、二度と中村の前には姿を見せてはいない。

 

sonota160821sankei

産経新聞 平成15年6月4日 「地方議員の会」抗議

「地方議員の会」抗議

田中審議官らに辞職勧告を提出

外務省前で抗議する「北朝鮮に拉致された日本人を救出する地方議員の会・日本世論の会」のメンバー

 

「北朝鮮に拉致された日本人を救出する地方議員の会」メンバーとして、土屋たかゆき都議らと外務省前で抗議行動。左から二人目が中村。

 

gaimusho1506041

産経新聞 平成14年12月11日 船橋市の北朝鮮乾パン支援

船橋市の北朝鮮乾パン支援

議論の末 人道的見地で実施

市議会で助役弁明 「今後は慎重に対応」

市職員「元市議の紹介だから了承」

 

「時期が時期だけに議論はあったが、最終的には人道的見地で支援物資を北朝鮮に送った」

日朝首脳会談後の十月、船橋市が民間団体「朝鮮女性と連帯する日本婦人連絡会」(小川ルミ子事務局長)を通じて北朝鮮に同市の備蓄用乾パン5120食分を支援食糧として北朝鮮に送った問題で、同市の平丸蔵男助役は10日の市議会でこう弁明した。

 

食糧支援は、中村実市議(ふなばし21)の一般質問で明らかになった。中村氏は、乾パンが送られた事実を指摘したうえで、「どのような意思判断が行われたのか」とただした。

中村氏は「飢餓状態にある人々まで食糧が行き渡らないことくらい新聞を読めばわかるはず」と厳しく指摘。これに対し、平丸蔵男助役は「今後は配送ルートの確認も含め、慎重に対応する」と述べた。また特定政党の関与について質問されると、平丸助役は「関与はない」と否定した。

しかし同市が北朝鮮に食料を送る際の仲介役の民間団体「朝鮮女性と連帯する日本婦人連絡会」の関連団体「日朝交流の会西部地区」の木村久子代表は社民党の元同市議であり、同市職員は「元市議さんの紹介の団体だから市も支援を了承した」と証言。特定政党の働きかけをうかがわせた。

 

syokuryousien2

産経新聞(千葉版) 平成14年6月4日 船橋市西図書館著書廃棄 刑事告発を市長に要請

船橋市西図書館著書廃棄 刑事告発を市長に要請 「つくる会」

「正当な理由なく廃棄したのであれば背任罪、偽計業務妨害の疑いが濃厚」として、関係者を刑事告発するよう市に求める再々抗議書を藤代孝七市長らに提出した。

 

library0604

産経新聞(千葉版) 平成14年5月19日 船橋西図書館特定著書廃棄 40人参加し「考える会」

船橋西図書館特定著書廃棄

「趣旨に反する行為」

40人参加し「考える会」

船橋市西図書館が特定著者の著書を大量に廃棄した問題を考える集会が18日、船橋市の葛飾公民館で開かれた。県内外から40人が参加。はじめに日本図書館協会の「図書館の自由に関する調査委員会関東地区小委員会」委員の西河内靖泰氏が同小委員会が行った調査で判明した廃棄の事実経過などを報告した。

 

library0519

産経新聞(千葉版) 平成14年5月17日 西図書館大量廃棄 「つくる会」が船橋市に再抗議

「つくる会」が船橋市に再抗議

西図書館大量廃棄で

 

船橋市西図書館が「新しい歴史教科書をつくる会」関係者の著書を大量に廃棄した問題で、同会は16日、市教委の調査結果を速やかに開示するよう求める再抗議文を藤代孝七市長、落合護教育長らに提出した。

同会の田久保捷三・千葉県支部長は「職権による特定思想の弾圧であり憲法にかかわる問題。個人名は伏せてもいいので、納得のいくよう説明してもらいたい」としている。library0517

産経新聞 平成14年5月11日  船橋市西図書館大量廃棄 「女性司書の独断」

船橋市西図書館大量廃棄 「女性司書の独断」

市が調査報告 明確な理由はなし

 

「意図的と思われても仕方ない」―。船橋市西図書館(木村洋一館長)で扶桑社の教科書の執筆者ら特定著者の著書が大量に廃棄された問題で、船橋市教委は10日、記者会見し調査結果を報告した。市教委は、女性司書の独断による廃棄は認めたが、明確な廃棄理由は確認できず、不透明さを残した。

女性司書は利用者から「新しい歴史教科書をつくる会」の教科書について知りたいと問い合わせを受け、執筆者の著作を集めたことは認めたという。しかし廃棄については「自分でも説明がつかない。自分の中に別の自分がいた」などとあいまいで、明確な理由を説明しなかったという。

#船橋市西図書館蔵書破棄事件

 

library0511