産経新聞千葉版 平成27年6月23日(月)「早期帰国へ国は総力を」

「早期帰国へ国は総力を」

拉致問題で森田知事

北朝鮮による拉致被害者らの再調査開始から7月4日で1年を迎えるのを前に、森田健作知事は22日の県議会で「全ての拉致被害者が一日も早く帰国できるよう、国の総力を挙げなくてはいけない。本県でも事業効果を勘案し、より効果的な啓発活動を検討したい」と述べた。中村実県議(自民)の一般質問に答えた。

森田知事は拉致問題の啓発活動について問われ、「拉致問題はわが国の主権と国民の生命安全に関わる重要な問題で、許すことのできない行為」とした上で、「県民に重大さを認識してもらうために、(拉致被害者の横田めぐみさんを題材とした)映画『めぐみ』の上映会をこれまでの2ヵ所から3ヵ所に増やす」答弁した。

これに対し、中村県議は平成22、23年度に県や国などの共催で開かれていた啓発集会「一日も早く拉致被害者を救出する!国民大集会in千葉」を再び開催することを求めた。

 

sankei270623

2015年6月24日 | カテゴリー : 活動記録 | 投稿者 : admin

千葉日報 平成27年6月23日(月)2面 県議会一般質問答弁要旨

男女混合の名簿 

高校は95%導入

中村実議員(自民党)は、学校の出席簿を男女別ではなく五十音やアルファベット順などにする「男女混合名簿」を取り上げた。

内藤敏也教育長は、県内公立学校の導入状況について、積極的な導入を通知する前の2001年度と02年度を比較すると「小学校は6.6%から76.1%に、中学校は2.7%から54.4%に、高校は30.3%から78.7%になった」と答弁。13年度は小学校73.4%、中学校44.9%、高校95.2%となっている。

 

tibanippou270623b

2015年6月23日 | カテゴリー : 活動記録 | 投稿者 : admin

千葉日報 平成27年6月23日(月)1面 「ちば県議会」犬猫引き取り大幅減

犬猫引き取り大幅減

有料化、相談指導が効果

 

6月県議会は22日、いずれも自民党の滝田敏幸(印西市)、中村実(船橋市)、山本義一(八街市)、五十嵐博文(富里市)の4議員が一般質問を行った。県は飼い主が飼えなくなった犬や猫を引き取った件数が昨年度は758頭で、3千頭を超えていた5年前より75%減少したことを明らかにした。有料化や相談指導が効果を上げていると見られる。中村議員の質問に答えた(答弁要旨2面)

県は2006年6月から犬猫ペットの引取りを有料化。県衛星指導課によると、現在、生後91日以上の成犬・成猫は3080円、91日未満の子犬・子猫は610円の手数料を徴収している。

 

tibanippou270623a

2015年6月23日 | カテゴリー : 活動記録 | 投稿者 : admin