産経新聞(千葉版) 平成14年6月4日 船橋市西図書館著書廃棄 刑事告発を市長に要請

船橋市西図書館著書廃棄 刑事告発を市長に要請 「つくる会」

「正当な理由なく廃棄したのであれば背任罪、偽計業務妨害の疑いが濃厚」として、関係者を刑事告発するよう市に求める再々抗議書を藤代孝七市長らに提出した。

 

library0604

産経新聞(千葉版) 平成14年5月19日 船橋西図書館特定著書廃棄 40人参加し「考える会」

船橋西図書館特定著書廃棄

「趣旨に反する行為」

40人参加し「考える会」

船橋市西図書館が特定著者の著書を大量に廃棄した問題を考える集会が18日、船橋市の葛飾公民館で開かれた。県内外から40人が参加。はじめに日本図書館協会の「図書館の自由に関する調査委員会関東地区小委員会」委員の西河内靖泰氏が同小委員会が行った調査で判明した廃棄の事実経過などを報告した。

 

library0519

産経新聞(千葉版) 平成14年5月17日 西図書館大量廃棄 「つくる会」が船橋市に再抗議

「つくる会」が船橋市に再抗議

西図書館大量廃棄で

 

船橋市西図書館が「新しい歴史教科書をつくる会」関係者の著書を大量に廃棄した問題で、同会は16日、市教委の調査結果を速やかに開示するよう求める再抗議文を藤代孝七市長、落合護教育長らに提出した。

同会の田久保捷三・千葉県支部長は「職権による特定思想の弾圧であり憲法にかかわる問題。個人名は伏せてもいいので、納得のいくよう説明してもらいたい」としている。library0517

産経新聞 平成14年5月11日  船橋市西図書館大量廃棄 「女性司書の独断」

船橋市西図書館大量廃棄 「女性司書の独断」

市が調査報告 明確な理由はなし

 

「意図的と思われても仕方ない」―。船橋市西図書館(木村洋一館長)で扶桑社の教科書の執筆者ら特定著者の著書が大量に廃棄された問題で、船橋市教委は10日、記者会見し調査結果を報告した。市教委は、女性司書の独断による廃棄は認めたが、明確な廃棄理由は確認できず、不透明さを残した。

女性司書は利用者から「新しい歴史教科書をつくる会」の教科書について知りたいと問い合わせを受け、執筆者の著作を集めたことは認めたという。しかし廃棄については「自分でも説明がつかない。自分の中に別の自分がいた」などとあいまいで、明確な理由を説明しなかったという。

#船橋市西図書館蔵書破棄事件

 

library0511

 

産経新聞 平成14年5月10日  船橋西図書館 大量廃棄、西部氏らの著書 市教委、再購入へ

船橋西図書館 大量廃棄、西部氏らの著書 市教委、再購入へ

千葉県船橋市の船橋市西図書館(木村洋一館長)が昨年八月、評論家の西部邁氏、上智大名誉教授の渡部昇一氏らの著書を大量に廃棄した問題で、船橋市教委は九日、廃棄は不適切だったとして廃棄本を再購入する方針を固めた。

 同図書館では西部氏の四十四冊、渡部氏の二十五冊をはじめ、「新しい歴史教科書をつくる会」名誉会長の西尾幹二氏の九冊など保守系論客の著書が大量に廃棄され、市教委が廃棄の経緯を調査してきた。

 これまでの調べで、市教委は(1)廃棄は図書館ぐるみではない(2)特定の職員個人による行為-との見方を強めている。同時に廃棄された本の多くが、正当な基準からは逸脱して廃棄されたとの判断を固めた。このため「廃棄された本は公金で購入した市民の財産。元に戻さなければならない」(市教委幹部)と再購入の意向を固めた。

 市教委では再購入にあたり、公金を支出すると無駄遣いになるため、いったんは公金を充て、その後廃棄の責任者に支払いを求める方向で検討を進める。

産経新聞(千葉版) 平成14年4月21日 船橋市西図書館大量廃棄 全容解明どこまで

船橋市西図書館大量廃棄 全容解明どこまで

西部氏の著書2日で44冊も 「事故」で捨てられる?

現代版「焚書坑儒」とも言える疑惑の全容は解明されるか

 

廃棄された図書リストを見た落合護教育長は「たとえ汚れ、破損など廃棄基準に沿っていたとしても不自然といわざるをえない。図書館ぐるみか、だれか一人の行動なのかをはっきりさせる」と、市教委に当時の約20人の館員全員への事情聴取を支持した。

 

 #船橋市西図書館蔵書破棄事件

 

library0422

産経新聞(千葉版) 平成14年4月21日 船橋市西図書館 抗議集会に市民80人

産経新聞(千葉版) 平成14年4月21日 

船橋市西図書館の大量廃棄 抗議集会に市民80人

 

同市勤労市民センターで開かれ、「ストップ!税金のムダ使い 市民ネットワーク」など市民グループや一般市民約80人が参加した。

中村実市議は「除籍(廃棄)が上司に事後報告されるなど正当な手続きも取られていない。私たちの税金で買った書籍の不適当な扱いを追及していこう」と呼びかけた。

 

 #船橋市西図書館蔵書破棄事件

 

library0421

産経新聞(千葉版) 平成14年4月19日 船橋市西図書館 市教委全員「おかしい」

産経新聞(千葉版) 4月19日 船橋市西図書館 市教委全員「おかしい」

船橋市西図書館特定著者廃棄 「公平であるべき」

 

船橋市西船の船橋市西図書館で評論家西部邁氏ら特定の著者が大量に廃棄された問題が、18日の同市教育委員会議で取り上げられ、5人の委員全員が「大量の書物が正規の手続きを経ずに捨てられており、おかしい」との認識を示した。会議後、砂田清子委員長が明らかにした。砂田委員長は書籍は公平に扱われるべき」とも語った。

一方この問題で中村実市議が「特定著書の除籍に関し、事実関係と経緯の徹底した調査を求める」などとする請願を提出し採択された。

 

 #船橋市西図書館蔵書破棄事件

library0419